2月、如月です。



寒さが増し、服を着込む季節だから「衣更着」など、由来がいくつかあるみたい。





まずはただいまの限定ソーセージ。



九条葱と山椒のソーセージ



になっております。今回も大変ご好評いただいております。





営業時間変更です。



18:00〜25:00



となりました。



明記はしませんが、一応24時をオーダーストップの目安とさせていただくつもりです。



遅い時間を目掛けてのご来店の場合には早めにご連絡を頂けますと幸いです。





ヴァレンタインの季節です。



欧米では「花」が欠かせないアイテムで、男性が素敵なレストランを予約してデートをするってのが多く



レストランでもヴァレンタインの特別メニューを用意するところが多いようです。



日本ではクリスマス特別ディナー!はよく見かけますけど、ヴァレンタインはあまり見かけませんよね。



日本ではお菓子会社の策略でヴァレンタインと言えばチョコレート。



うちも御多分に洩れずチョコレートのデザートをご用意しております。



生チョコのガトーショコラ 自家製カシスのアイス添え



特に14日だけって訳ではないです。



お待ちしてまーす。





炭火焼ソーセージ酒場Salumeria



京都市上京区出水町258



075-708-2926


3月15日にオープンより4年を迎えます。



いつもご来店いただき、誠にありがとうございます。





さて、その4周年を記念して、初めてノベルティグッズを制作致します。



権利のこととかは気にしないでください。



オマージュ、パロディの類だと信じています。



パクリ、ではあっても偽造ではないので大丈夫、多分。





語感が似てるし、普段スタッフも着ているブランドでもあるし



尊敬と愛を込めて(5周年は誰かデザインしてください、立候補制)





受付期間:2月1〜28日



サイズ:S、M、L、XLの4サイズ



価格:2500円



特典:お渡しして以降、このTシャツを着てご来店いただいた際には1ドリンクサービス致します(1日1回限り)



受け渡し:また出来上がり次第ブログにてお伝えいたします。お代は商品と引き換えで頂戴いたします。





ご希望のサイズと枚数を受付期間中にFacebookのメッセージやコメント欄、ホームページのコンタクトから、店頭で直接お伝えいただいても大丈夫です。



Web系を介してのご注文の場合には、こちらから「確認しました!」という何かしらのリアクションがあって受付完了とさせていただきますので



しばらく経ってもリアクションがない場合には再度ご連絡をお願い致します(なので、受付終了間際の分かりにくい連絡方法だと見逃すパターンもあるかもしれないので要注意!!!)





ただただ作るから買ってねー!!!って言ってもねー、面白くないでしょー、ねー。



本当に我々の純粋なファンがいて、欲しい!って言って買ってくれるってんならすんごく嬉しいんですけど



何となく買ってもらうにせよ、せっかく買ってくれるんだったら着てもらう機会を与えようではないか!!!



と言うわけで特典付きですよ。



見逃してませんか、特典?



プリント擦り減ってなくなっちゃうくらい着倒してもらえたら嬉しいでーす。





炭火焼ソーセージ酒場Salumeria



河原町通丸太町上ル258



075-708-2926


はじまりました。



奥に写っているのがハーブとスパイスのオリジナルソーセージ。



見た目にも分かりやすく、たっぷり春菊を詰め込みました。



新春、春を感じに来てください。



ソーセージと言えばビール、な人も多いかも知れませんが、この春菊ソーセージはワインともよく合います。



果皮浸漬した、色合い濃いめの白ワインなんかが特におすすめです。





炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926


明けましておめでとうございます。



本年もどうぞ宜しくお願い致します。





2019年も元日から、三が日も休まず営業しております。



正月に開いている店、としての認知度も高まってきたおかげでお席埋まりつつありますが



まだ満席ってわけではないので、おせちに飽きたらご一報ください!





炭火焼ソーセージ酒場Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926


Salumeriaと言えば、サガリのグリル!Tボーンステーキ!みたいなところがありましたが(ソーセージ屋としてどうなの?)



最近は和牛にハマってます。漫才じゃなくて、黒毛の方ね、Wagyuu。



今回は熊本県産の黒毛和牛、ランプを炭火焼でご用意しております。



年末年始の贅沢に。









6月の地震に始まり、豪雨で警報の鳴り止まない日が続いたと思えば



茹だるような猛暑日続きの日々、極め付けの猛烈な台風。北海道でまた地震。



今年の漢字も「災」であったよう、特に下半期は本当に厳しい年となりました。





そんな1年でしたが、今年もたくさんの方にご来店いただき、こうやってお店を続けられて、また新たな年を迎えられること、大変嬉しく思っています。



我々Salumeriaも早いもので3月には5年目に突入致します。



いつも本当に、本当にありがとうございます。





災い転じて福となせるか。



昭和日本はスクラップアンドビルドでのし上がってきました。



2019年は平成が終わり、新たな時代の幕開けの年。



20年には東京オリンピック、25年には大阪万博と大きな話題が目白押し。





その新時代に我々もまた新たなる一歩を踏み出したいと思っております。



まだなーーーんにも決まってないんで、あんまり「え、なにやるの?」とか聞かないでください、答えを持ち合わせてないんで笑。









例年では「クリスマス ≠ 酒場」な感じで正直落ち着いていたのですが



今年はなーんかそれなりに忙しくさせていただきました。



そんな年内最後の一大イベントも終わり、この国はお正月に向けて大忙し!





こんなタイミングでお知らせです。



1月はお雑煮ソーセージを企画、、、していたのですが



お餅をねー、腸に詰めてねー、焼くとねー、お餅が膨らんでねー、破裂するんですネーーーー。



てなわけで、企画倒れ。



それでも新春に相応しい感じで、2019年第1弾は



「春菊のソーセージ」



やりまーす!美味でーす!









今年も年越し営業しておりますので、ぜひ初詣前にでもお立ち寄りください!



2019年元日もスタッフ総出でお出迎えさせていただきます!



それでは、皆様良いお年をお迎えください!



来年も宜しくお願い致します!!!!!





炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926


滋賀県の山奥で猟獲された鹿、猪が届きました。


写真は「猪のボッリート 紫蘇の香り」


そもそも「ボッリート=茹でる」なので、何でも茹でちゃえばボッリートな訳ですが


やはり定番は肉のボッリート。


バジルなんかの緑系ソースを添えてお出しするのがイタリアでは一般的。


の、ところをSalumeriaでは紫蘇の香りと色だけを抽出した自家製オイルを浮かべて。


あっさりほっこり美味ですよ。


鹿はシンプルにローストしたものと、いちじくのコンフィと一緒にしたテリーヌでご用意しております。


これらのジビエ以外にも、人気絶大の鴨胸丸々1枚のローストや


黒毛和牛の炭火焼など、お肉料理多数ございます。


もちろんソーセージも!!!


以前にもお伝えしました通り、年末年始も休まず営業しております。


ちょくちょくご予約もいただいておりますので、ご来店の際にはぜひご一報を。


炭火焼ソーセージ酒場Salumeria


河原町通丸太町上ル出水町258


075-708-2926


九州で夏日を観測したと思ったら、一気に寒さが増して来ましたね。



こうなってくると、春が待ち遠しいというもんです。





鰆と春菊のスパゲッティ イタリア産のからすみ掛けでご用意しております。



関西ではさっぱりした春先のものが好まれ、漢字にも「春」が入っておりますが



やはりこのくらいの時期の脂が乗ったものがいわゆる「旬」であります。



菊菜も関西では春菊。



関西人は春が好きなんですかね。理由は調べてないんでわかりませーん。





さて、年末年始のお休みのお知らせです!





河原町丸太町本店は年末年始も例年通り



大晦日も正月3が日もお休みなしで営業しておりまーす!



その代わりにですが



1月22・23日と連休をいただきます。





ちなみに崇仁新町はテナント全体が12月31日〜1月2日お休み。



3日から新年の営業が始まります!





炭火焼ソーセージ酒場Salumeria



075-708-2926



河原町通丸太町上ル出水町258



最新メニューは食べログページをご覧ください!


大変好評いただいた蓮根のソーセージもなくなり



新たなソーセージ始まってますよー





年内最後の限定ソーセージは



豚キムチソーセージ



です。



写真は柳馬場六角西入ル「焼き鳥居酒屋 どん」の豚キムチ。





ソーセージに使うお肉は豚がメインなんで



豚肉料理をソーセージにしてみようではないかという試みで



ど定番の豚キムチに白羽の矢が。





唐辛子の赤色と野菜の緑色で、色合い的には季節感たっぷり!!!



味についてはですね、みなさん



豚キムチ食べたことある人、イメージしてください。





そう!それそれ!



もうそれです!それがソーセージになってます!





いよいよ迷走を始めた限定ソーセージ企画。



1月こそはちゃんと季節感あるものを鋭意試作中でございますのでご期待ください。





いや、豚キムも普通に美味しいですから、食べに来てね。







炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926



最新メニューは食べログページにて!




5月の田植えに始まり、鹿や鳥たち避けの設置、草刈り、大変な猛威を振るった9月の台風前日に収穫を終え、無事に今年も我々の元にお米が届きました。



例年田植えだけで終えていましたが、携わることが多かった今年は喜びもひとしおです。











兵庫県宍粟(しそう)市、山陽盃酒造の造る『播州一献』という日本酒、ご存知でしょうか?



その中に、田植えをしている宍粟市波賀町の水を仕込みに使った『播州一献 楓のしずく』というものがありまして、今年の新米とその日本酒を合わせたデザートを近々作る予定でございます。





波賀の水で育ったお米と波賀の水で造られた日本酒。



これほど素敵なマリアージュはないなと思えます。



水、って凄く大事じゃないですか、生きとし生けるものすべてにおいて。



それを共有してるって、なんか言葉では表しきれないんですけど、良いですよね。



原子レベルで繋がってそう、みたいな。



ちょっと自分でも何言ってっかよく分かんなくなってきちゃいました。





この新米、なんかしら付け合わせのバターライスとかにするー?とか案が出てましたが、お料理のメニューに反映できるかどうかはまだ未定。



せっかくなんで食べてもらいたいなって気持ちはめちゃくちゃありますよ(これを書いているわたくし曽田、如何せん料理を全くしませんので、なんとも笑)





炭火焼ソーセージ酒場 Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926


11月第3木曜日がフランスの新酒の解禁日となっており



フランスから世界に輸出される数のうち、半数以上がここ日本に届きます



先進国の中で最も早く解禁日を迎える、日本人が新しいもの好き



などなどの理由から、近年は下火傾向とも言われてはおりますが



それでも日本は最大の市場になっています。





普段ワインはあまり飲まないけど、「ボージョレ・ヌーヴォー」は飲んだことあるって人も多いんではないでしょうか。



でも新酒って、あくまでも葡萄の出来具合を確認する為の試飲酒であって



熟成することもなく、正直普通のワインとはかけ離れたもの(特に大手ワイナリーのものは)



だってことを知って飲んでる人はとても少ないと思うんです。





なので、損してると思うんですよねー、ボージョレが。



飲み手も。





「ボージョレのワイン=フレッシュな甘い香りの軽快なワイン」ってなっちゃってるんじゃないか。



確かに若いボージョレのワインならその傾向はあると思いますけど



もっとちゃんとワインになったボージョレを知ってほしい!!!





と、いうわけで、今年は「ちゃんと美味しいボージョレのワインを飲もう」



というテーマで15日(木)は3生産者のワインセットをご用意しております。



数量限定、売切御免。





炭火焼ソーセージ酒場Salumeria



河原町通丸太町上ル出水町258



075-708-2926





最新メニューは食べログページをご覧ください!